ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

それ、払わなくて良いんですよ!不動産バイヤー仲介料

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さて、日本で不動産を購入する際は、通常、売り手も買い手も不動産業者に仲介手数料を支払うことになっています。
ですがニュージーランドでは、基本的に仲介手数料を支払うのは売り手の役目なんですね。
つまり、家を買う人は、不動産業者に手数料を支払う義務はありません。
お客様が国外から不動産を購入される場合などは通訳料、コンサルティング料、入国後のご案内をツアー代金としてチャージされる個人・団体もありますので、100%とは言い切れませんが、少なくとも私の方では、直接コンタクトいただいたバイヤーから手数料を頂戴することはありません。
もちろん自家用車にご乗車いただけないレベルの人数で不動産見学を希望され、ツアーバスやドライバーを手配しなければならなくなった場合等は、その分のみ実費でお支払いいただくこともあります。
また、私の方でバイヤー仲介手数料が無料となるのは、基本的に弊社の物件をご購入いただく場合という条件が付きます。
但し、他社の物件であっても、その会社がHarcourtsと共同で販売する事に同意してくれれば、やはりバイヤー手数料無料でお取り引いただけます。
Harcourtsはニュージーランド全土にあるこの国で一番大きな不動産会社ですので、物件数も豊富です。
とは言え不動産はご縁もありますので、必ずしも弊社リストから気に入った物件が見つかるとは限りません。
他社の物件の購入をご検討の場合も、直接その会社にご連絡いただければ、バイヤーは仲介手数料を支払う義務はなくなります。
初めて不動産を買われるという方は、不安がいっぱいですよね。
故に、私の方ではバイヤーの為に働く際は、半分(以上)ボランティアだと思って、お手伝いさせていただいてます。
コンサルティングも一切無料ですので、いつでも安心してご連絡ください!

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2017 All Rights Reserved.