Business Category (Japanese)468x60

ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

NZ移住&就職ガイドDUKE

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

ニュージーランド高校生研修ツアーのコーディネイト2

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら


さてツアーコーディネーターとして高校生研修ツアーの顔合わせ会出席した今日。
順調に進んでいたのに何が起こったのか???

時間を掛けながらも順調に生徒とファミリーのマッチングを
こなしていきます。

そして20分程が経ちファミリーが全て子どもたちを連れて行っても5人ほど
ファミリーがまだ迎えに来ていない子どもが残っています。

ええ??・・・・予定よりもオリエンテーションが始まったのも遅いのにまだ来てないて・・・・

急いで担当のHさんがその家に電話を掛けまくります。

すると「あれっ・・・今日だったの?明日だと思ってた」とか・・・・

「ああ、ごめんさっきまでそこにいたんだけど用事があって離れてて時間掛かっちゃった・・・
大丈夫、僕そこの先生だから」って・・・?????しっかりしてよ!先生!!!とか・・・・

「ああ、ペンキ塗ってて手が離せなくてよー」と言いながら汚れた格好で遅れたことを
全く気にしないで入ってくる人とか・・・・

もうー!!!!しっかりしなさいKIWI!!!

まあ・・・らしいっちゃあ、らしいんですけどね(苦笑)

でも中でも上記以外の2件の状況は最悪です。
男の子の1件のファミリーは旅行から帰る途中で飛行機が遅れて更に1時間遅れる
ということで女の子のもう1件はホームステイコーディネイターの手違いで
今日から受け入れ先になっていたことも知らなかったという有様です。

これはさすがにマズイ。

引率の先生達も待っているバスがあるのでそろそろこの場から
去らなければなりません。

でもこんな事書いたら怒られるかもしれませんが
こういう事態って外国では起こることがあるんです。
どんなにチェックしてもやっぱり起こってしまうことがあるんです。
(僕が手配した訳じゃないから擁護してるんじゃなく経験としての意見です)

だから僕は全く予想してなかった訳ではないので焦りはしませんでしたね。
(昔最初の一回目の時はやっぱり焦りましたが周りの人が落ち着かせてくれました。
だから今回は僕がそういう立場になって、まずは生徒を安心させなきゃと思ったわけです・・・)

とにかく生徒の状況、先生の状況と合わせて一番良い方法を考えなければなりません。

しかもその空気を感じたのか奥さんもステイ先がないと分かった女の子の生徒を
ロビーに連れ出し色々こっちでの暮らしの話などをしながらリラックスさせてました。

やるなあ・・・アメリカ・まっかちん
さすが、ざりがによりハサミでかいだけあるわあ。

さすがにとんこつらーめんだけじゃなく餃子もガッツリ食べるだけあるわあ。

そうこうしている間に僕は僕で男のこを更にここで1時間・・・・
KIWIの言う1時間じゃそれ以上だな(苦笑)と思い
このまま待たせる訳にもいかないと判断しました。
そして先ほど生徒を連れて帰ったファミリーの中でこの男の子の
ファミリーの住所に近い家を探し出して電話を入れました。

「実はまだファミリーが迎えに来ない生徒がひとりいてその家があなたの
家の近くなんです。だから彼らが家に戻るまであなたの家でその
男の子を待たせて頂きたいんですが・・・・」

と言うと

「あらっ・・・またなのね・・・私覚えてる?隣の受け入れ先の子も
一緒に迎えに行って2人連れて帰ってきた***なの。
まあいいわよ。そのファミリーが迎えに来てくれるんだったら。
うちにはもうベットルーム1つしかないけどね!
とのKIWI?ギャグも忘れませんでした。

あらら

慌しい家になりそうですね。

でもありがとうございます!

お世話になりやす!!

と言ってその家にその男の子をその家に送り届けました。

そして残るはホームステイのない・・・これはイカンですよー。
その最後の女の子です。

とりあえずHさんがさっきの能天気先生に連絡するともう一人受け入れられるということ
だったので今日はその家に送ると言うことで対応しました。

だけどやっぱり1家庭に生徒は1人というルールになっているので
明日以降にそういう家庭を探す予定だそうです。

でも一緒にいて話をしていた奥さんの話ではこの女の子は
「一度に2つの家庭に入れるのも得かもしれない」って言ってたそうです。

本心ではないかもしれません。
皆を心配させないように言ってくれた言葉かもしれません。

でもそういう言葉を言えることがスゴイなあと僕も感心してしまいました。

逞しいな高校生。

こんな前向きな子達だったらこの1週間積極的にいろんなことに挑戦して
いい思い出を作れるに違いない!!

僕もそのお手伝い一生懸命頑張りますよ!!

朝がエライ早いんだけどね(苦笑)・・・・・
ちょっとお酒減らします・・・飲むんかい!!

DAISUKE

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2007 All Rights Reserved.