ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

ワーホリ・留学・海外就職等 ONLINE 無料相談をする

初めての方へ2:意外と知られていないニュージーランドの側面

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

さて本日は改めて「はじめまして」の方が多いかもしれません。

顔馴染みだけど初めてこのBlogにたどり着いた方。
違うコミュニティー(後述)のサイトを通じて来られた方。
いや、全く知りません・・・ただNZに興味があってという方

はじめまして・・・

ざりがにこと・・・
こげぱんまんこと・・・

DAISUKEと申します。

ページの左端に書かせて頂きましたが本日3月9日
週刊SPA様に、このBLOG及び僕の事を記事でご紹介頂きました。

「テーマは海外脱出した30代」について。

すごく良く書いて頂いて・・・・「僕のような暮らしをしないか!?」
的にちょっと格好良く書いて頂いた記事ですが僕を知ってる方はもちろんのこと
ここ数日やり取りをしているからだログという健康管理サイトの方々
には・・・もしくはこのBLOGの読者さん達には

僕のユルさといい加減さは周知の事実であります・・・あイタタタ。

UPの頻度とか・・・最悪でこの話を頂いてから慌てて
近況を載せるべくここ最近のからだログの日記に載せていた内容を
こちらに転送したくらいです。

(あ、もちろん向こうのサイトに出てくる方のお名前は伏せてます・・・
OPENで良い方はそう言って下されば次回以降そうしますが・・・)

本当にこんなBLOGを拾って頂いたSPA編集の友部様に
まずはお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

さてそれで改めてニュージーランド。

どんな国なんですか?とよく聞かれます。

皆さんのイメージは自然いっぱい、羊いっぱい、治安の良い
クリーン&グリーンの国。

確かにそうかもしれないですけどそれだけでは観光地、留学地として
競合のライバル国に勝つのは難しい。

僕は今専門学校+英語学校のマーケティングを主な仕事
(他には便利や家業もしてます)としているのですが去年の12月
日本と韓国に営業出張する際にもう少し分かりやすいイメージが
持てるように色々調べてみました。

色々なこと調べてる人っているんですね。
明治大学 鈴木研究室様のデータ
そしてそのリソース

このデータの中で分かる意外と知られてないNZの姿に色々と興味深く
確かにそうだなぁと納得のいくデータがあります。

・起業に掛かる所要時間(OECD30か国中最短の30位)
・起業に掛かる費用(同27位)

→非常に起業しやすい国・実際サイト登録で会社が即日できます。(僕もいっこあります)

・男女賃金格差(同6位)
・女性の上級職・管理職の割合(同3位)
・労働に関する男性の雇用優先権(19か国中16位)

→この国は非常に女性が強いです。精神的にも肉体的にも(??)
昔夫婦喧嘩でグーで殴る女性の話を聞きました・・・ははは。

・・・ではなくて給料・待遇・雇用含めてこの国では常に
男女平等。男性というだけで仕事で有利なポジションに就けることは
まずないでしょう・・・この国の女性はバリバリ働く人多いですし。
1世代前の首相は女性でした。そして例に漏れず我家も・・・・・・・・。

シャキーン!!(は・・・はさみ??そんなおっきいの??)

・・・・ジョークですって・・・

続きます。

・就労に関する移民に対する自国民の優先性(19か国中16位)
・外国人に対する政府調達の開放性(53か国中8位)

→上と同じように女性だけでなく外国人に対しても常に門は開いてます。
どこの国でもそう言いいますが実際にOPENだし外国人労働者抜きに
この国は成り立ちません。

他にもいろいろあるのですが最期に気になる点が・・・・

・過体重および肥満(女性)・・・68.2%、30か国中2位

えっ!!!!!!

なるほど・・・・そりゃあ僕も年々太るわなぁ・・・・


女性って書いてますけど・・・だんな!!

あはあはあは・・・笑っておこう・・・・・・

・・・ということです。

ま、余談ですがそんなこともあり?この1月から本格的にダイエットを
始めました。運動と食事制限の両方を行いこの7週間ほどで7.5キロ
痩せる事ができました。

だけど何より一番大きかったのはこの「からだログ」というサイト。

最初は記録のつもりで始めたのですがやっているうちに同じ目的の
皆さんにアドバイス、コメントを頂くようになりました。
楽しくて入り浸りの毎日です。

なんなら太ってて良かったと思うくらいです(笑)

ダイエット、健康管理を考えている方にはぜひ、お勧めのサイトです。

相変わらず色々脱線しましたが僕はいつもこんな感じですので
こんなんでも宜しければこれからもお付き合い下さると嬉しいです。

最後に・・・また脱線ですが・・・

去年12月に帰国したのは出張もありましたが母親の1回忌でもありました。
好き勝手に暮らしてきて最後まで親孝行を全くして来れなかったダメ息子ですが
今回こういう雑誌に載せてもらい、もしもまだこの世に母がいたら大はしゃぎで
友達とかに見せびらかしたり「相変わらずみすぼらしいね・・・とか」
電話掛けてくるんだろうな・・・とやはり思わずには
いられませんでした。

母ちゃんにもこの記事が届くといいな・・・オレはなんとかやってます。
相変わらずお酒は飲んでますが・・・ほどほどに・・でもちゃんと痩せてきたよ(笑)

ダディ・・・おいらの事忘れんなよな・・・紹介まだですけど??

はいはい・・・また次回ね・・・ダディの記事長いから・・・

 

 失敗しないワーホリや留学の全てを知りたくありませんか? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

傾向を知るためのリサーチですので完全無料です!
まずはお気軽にお声をおかけ下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

Comment

  1. 八百屋の次男 より:

    SPA買ったよ
    君はホントたいした男だよ
    マサノ一族の誇りだ!
    母ちゃんも天国で微笑んでるよ
    あの優しい笑顔で^^

  2. DAISUKE より:

    ありがとうございまっす。
    ねー・・母ちゃんいたら喜んでたろうねー・・・
    見てくれてる事を祈ります。
    それはそうと女の子みたいで・・・
    おめでとうございます。
    いよいよパパ。
    頑張ってね!!
    また連絡します。

  3. BlogPetのPOKEY より:

    出張って…なんだろう…?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職案内人DUKE , 2010 All Rights Reserved.