Business Category (Japanese)468x60

ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

NZ移住&就職ガイドDUKE

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

続・ニュージーランド移民局から最新情報

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

今更で知っている人も多いでしょうけど僕らが天国に一番近いところでパンに喜び
深夜の恐怖に怯えてる頃・・・移民局でも動きがありました。

前回学生ビザとその後のジョブサーチビザとポイントに変更があると書きました。

ただその後の反響が多くて僕らのような学校に対してこの判断について
どう思うかという意見を伺うと言う異例の事態。

結局僕らからもこの事態により考えうるデメリットについてレポートをまとめて
提出する事になりました。

そりゃあそうです・・・・学校だけじゃなく学生が減るということは飲食、賃貸その他諸々・・
NZにとってそれはそれは大きな減収は火をみるより明らかですから・・・

ということを受けて下記のように変更になりました。

6月28日のImmigration NZより抜粋

delay the implementation of this requirement until 2 April 2012
(students who commence their course before this date will not be affected)
この新しいシステムの導入を2012年4月2日に延期すること
(それ以前にコースを開始してる生徒はこの新しいシステムは適応されない)
enable qualifying one academic year courses to include:
一年のコースでもジョブサーチビザ発給対象になるのは・・・

* all postgraduate qualifications, or
大学院卒レベルのコース もしくは

* credit-transferred bachelors’ degrees, or
単位交換(クロスクレジット)による大学レベル もしくは

* all one year level 7 courses.
(NZ国家資格)レベル7以上のコース

and also enable ‘one year + one year’ course combinations to meet
the two-year study requirement, so long as:
また1年+1年の組み合わせによる合計2年のコースも下記を満たせば適応される

* both courses qualify for Skilled Migrant Category points, and
どちらのコースも技能移民カテゴリーポイントが得られるコースであることそして、

* the second course is at a higher level than the first course
(for example, a level 5 diploma followed by a level 6 diploma), and
2年目のコースは1年目よりレベルが高いこと(例:レベル5のディプロマの後の
レベル6ディプロマコース等) そして

* both courses are of at least one academic year’s duration (eight months full time study).
* どちらのコースも最低1年のコース(フルタイムで8ヶ月)以上であること。

詳細は下記からも見れます。  Student changes fact sheet PDF [437KB]

またよく聞かれる質問もこちらに書いてあります。

changes to Skilled Migrant Category and Study to Work instructions.

と言うわけでいきなりで色々僕らも含めて猛反対したわけですが移民局を
動かしてしまうなんて・・・

この国で留学業界に関わる人の多さが改めて分かりました。

でも、就学してその後就労と言う形でこの国に貢献するつもりもなく
ただこの地に残りたいというだけで不当な方法でそれを促すエージェントや学校が
あるのも事実(前も書きましたが日系では聞いたことがありませんが)。

そういう一部の人間のためにフェアを何よりも重んじるニュージーランドが
「このままじゃあイカン!!、ちゃんと役に立つ人だけを受け入れよう!!」
となったのか・・・そうでなかったのか・・・・。

まぁ一つ再認識したのはイミグレーションのこういった変更はいつでも
起こり得ることであり、移民を目指す時がベストの時であるとは限らないという事実。

逆に言えば機会を見て何度挑戦してみてもいいとも言える。

しっかし・・・・怖いです(苦笑)

 

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

Comment

  1. DAISUKE より:

    いいねボタン・・・自作自演だし・・・(苦笑)
    たんなる実験でございます・・・消せないし・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2011 All Rights Reserved.