Business Category (Japanese)468x60

ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

NZ移住&就職ガイドDUKE

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

2011年最後に犯罪者現る?!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

2011年もいよいよ最後の1日となりました。


日本は今頃「紅白」や「笑ってはいけない~」などが始まって

大晦日真っ只中というところでしょうか・・・

こちらニュージーランドは今週はずっと天気が悪くようやく今日午後から

晴れ間も見れるようになりましたが相変わらず町に海に人が少なくて

とても寂しい大晦日。

 

日本の大晦日の慌しさからは真逆の一日となりました(苦笑)

今年はニュージーランドも日本もとても大きな年となりました。

 

カンタベリー地区と東北を襲った大災害で数多くの人命が奪われ

その傷跡はどちらにも・・・地区だけでなくどちらの国にも大きく残っています。

 

そして仕事のスタンスも含めて価値観が大きく変わった。とか

非常時にも生きていける能力の必要性を感じるようになったと

震災後の日経ビジネスのアンケートに応える人が70%を越えていた様に

記憶しています。

 

カンタベリー(=クライストチャーチ)で言えばつい先週も地震が襲い

死傷者は出なかったものの依然その地域の安全性に疑問が投げ掛けられ

街自体を別のエリアに移そうか?といった議論まで起こっていると聞きます。

 

僕ら留学業界のNZのイメージダウンもそうですが旅行会社はそれ以上に

最初の入国地としての機能をしていたクライストチャーチの変わりに

更に南に下ったリゾート地のクィーンズタウンというところにその役目が変わったと

旅行会社の友人から聞きました。

 

そして東関東大震災後・・・。

 

それまでは日本人がニュージーランドに留学と言うと

「語学学校・英語学校」という部門に特に多く需要があったのですが

この震災以降「日本から(家族も含めて)脱出したい。」

 

その為に英語だけでなくこちらで就労・永住までを考えたお問い合わせが

増えてきたとお付き合いのあるエージェントさんからも聞きますし

この僕のブログにもにも同じようなお問い合わせが今年は多かったです。

 

日本からの脱出。

 

僕はそんな風に考えたことがなかったのですが以前、週刊SPAさんの企画で

海外に脱出した30代という記事を書いて頂きました。

 

以前働いていた日系のエージェントで海外に移住したい人たちへのアンケートで

書かれる答えも「海外脱出」という項目に一番丸が多くありました。

 

だけど僕にはどうしてもこの「脱出」という響きがしっくり来ないです。

 

僕は日本を出ようと決めた当時NZで23年働いたら日本に戻って来ようと

考えていました。海外で働くという経験が欲しかっただけです。

 

それがたまたま自分の生き方のスタンスがこちらに近い(生ぬるい・笑)ことに

気付き、それならばもっと長くいてみたいと思って今度の1月で丸9年になります。

 

日本の仕事や生活のスタンスに息苦しさを感じていたこともありましたが

それでも日本に戻って生活するのを前提で飛び出しました。

 

だけどここ最近増える問い合わせはやはり震災の影響もあってか

計画もままならぬまま、とにかくまずは日本から出ることが優先であって

そこから子供の学校や自分の仕事も含めて全て急ピッチで決めなければならない。

 

文字通り「脱出」です。

 

今まで漠然と海外に家族と移住をしようと決めていた人が予定を具体化するとか

早めるといったことなら分かるのですが、そのような考えもなかった人たちも

震災を受けて急にできるだけ早く・・・長くても1年位のスパンで家族を含めて
移住したいという話になる・・・。

 

もちろんそれが可能な能力と資金を持った方もいるでしょう。

 

だけど僕が一番怖いなと思うのは前提としてニュージーランド
という国を知らないでまずは日本から脱出したいから、
安全でクリーンなNZはどうだろうか?ということになる場合。

 

以前から移住を計画して調べていた人と違う点は細かいところまで詳しく調べていないから

結局は自分の想像の中でニュージーランドという国が作られていくように感じます。

 

いいんですよ、NZ。とても良い国です。僕にとっては。

 

だけど家族まで含めた移住ならばこそ、よく調べてそして長期に渡る計画も

含めたリスクも考えた上で進めていくべきだと思います。

 

 

なんだか年の最後に堅いなぁ・・・

 

 

でも僕は長期のスパンでこの国にもっと日本人を呼びたいんですよね。

短期で無計画に来て「ああ・・・あの国はダメだね」って言われるよりも

「やっぱりいい国だった・・・やっぱりもっと生活してみたい」
と思われるようにならないと。

***********************************
追記:

上の内容は直接的に被害に合われている方ではなく日本はダメだから
と考えられてる意見も聞いたりしてその事で即断される方もいるのかなと
感じて書いた事です。もちろん一刻も早く子供を外に出したいと思われる
親心も痛いほど分かりますが日本ってマスコミが報じるほどヒドイとは
やはり思えないのですが・・・。
あくまで外から見た限りである事は言うまでもありませんが・・・。

とにかく被災地の方がすぐにでも避難する場所をと考えることを
疑問視して書いたわけではありません。念のため。

***********************************
 

 

僕自身の2011年はその他にも40歳を目前にサッカーに更に熱を上げてしまったり

次男が生まれたり、若い日本人の為に新しい企画を作ったりと・・・

 

充実はしていたのですが、まだまだ目標としていたところには辿り着かず・・・・

 

懺悔です!!!

怖っ!!・・・モザイクも逆に怖い(苦笑)

 

2011年も皆様ご訪問ありがとうございました。

 

今後も勝手にNZ担当のマーケッターとして何でもやっていきますので

リクエストもお気軽にお送り下さい。

 

2012年も宜しくお願いいたします!!

 

ではワタクシ、日本より4時間早めの新年をシャンパンと共に迎えたく・・・


頑張ろう日本、NZ!!!!・・・・・・そして僕(笑)!!

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

Comment

  1. 南里敏和、千鶴子 より:

    ご家族で楽しいお正月をお迎えのことと存じます。舞が昨年11月に永住権を取得いたしました。あと2年を目標に私も移住の準備に入りました。ダイスケさんのブログのとおり、志を持って綿密な計画のもと、移住するのがベストだと思います。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

  2. DAISUKE より:

    南里さん
    あけましておめでとうございます。
    遅くなって申し訳ございません。
    舞さん取れたんですねー、おめでとうございます!!今後とも日本人の方がもっとこの国に来られるように僕も色々動いていきたいです。宜しくお願いします。

  3. みぽリ より:

    写真こわいです笑 ブログファンが減るかもですよ!笑

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2011 All Rights Reserved.