Business Category (Japanese)468x60

ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

NZ移住&就職ガイドDUKE

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

日本とNZの働き方-ライフワークバランス(第1回)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

f:id:connectjpnz:20161230184607j:plain

 

Kia Ora!! はじめまして。ニュージーランドで働くプログラマ、はっしーと申します。普段はブログ「NZ MoyaSystem」で、海外エンジニアとしての視点から情報を発信しています。

 

もともと僕は日本のIT企業でシステムエンジニアとして働いていたんですが、その職場が深夜残業当たり前、家に帰れないのも当たり前な超絶ブラックな環境でした。そんな人生を変えるために退職。NZにやってきたのが2014年のことです。

 

今年からNZの会社で働き始め、現在では毎日定時で帰って有休も気兼ねなく使える、ライフワークバランスの取れた生活を日々楽しんでいます!

 

このニュースレターでは、日本の社畜的な働き方と、NZのホワイトな働き方の双方を知る人間として、それぞれの労働環境の違いについて書いていく予定です。よろしくお願いします。

 

第1回は、年の瀬も差し迫った時期ということで、年末年始休暇についてお話ししましょう。

 

皆さん、今年の年末年始は何連休ですか? 日本のお正月休みは比較的長いですから、7日から10日前後お休みを取る人が多いと思います。

 

さて、かくいう僕ですが、今年は12月24日から1月8日までお休みを取りました。怒涛の16連休です! 日本で働いていたときを含めて、こんなに長期の休暇は初めて。興奮を禁じえません。

 

2週間もの間会社を休むのは、日本ではなかなか難しいものがありますが、ニュージーランドでは至極一般的です。年末のニュージーランドは真夏で気候がいいので、2週間どころか、3週間や1ヶ月お休みを取ってバケーションに出かける人も多くいます。

 

日本では長期休暇が取りづらい、飲食業やサービス業も例外ではありません。僕の行きつけのカフェはクリスマスの日から2週間休み。お世話になっているジムのトレーナーも、「クリスマスは家族と過ごすんだ!」と言って、母国のアメリカに3週間帰ってます。

 

NZでは、「みんな働いてばっかりだと疲れるよね。だから長期休暇が必要だよね」というコンセンサスが社会的にできあがっています。そのおかげで、労働者みんなが働きやすい環境を享受できるんですね。

 

そのぶん、取引先の担当者が突然バケーションでいなくなるなんて日常茶飯事で、ビジネスのスピードや利便性は多少犠牲になっている感はありますが、生活に支障が出るほどではありません。ちゃんと仕事して、私生活も楽しむ。そんな当たり前の幸せがこの国にはあるのです。

 

ということで、僕もこの2週間は思いっきり体を休めて、怠惰な寝正月を過ごしたいと思います。皆さんも良いお年を!!

************

年明けで一部時期がずれてしまいすいません by Duke(苦笑)

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2016 All Rights Reserved.