ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

ワーホリ・留学・海外就職等 ONLINE 無料相談をする

ワーホリ後の就職サポートを今すぐ無料で手に入れよう!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

最近このブログのTOPにバナーを貼ったのもあって
オンラインの無料相談を結構します。

大抵がやはりニュージーランドを諦められず
戻って来たい。
もしくは仕事を探して居住ビザも目指したい
といったところ・・・

でも必ず最初にお話ししますが今は
タイミング的にとても厳しいですよね。
新政府は移民の数を減らそうという方針
ですので今まで通りには行きません。

ですので居住ビザまで目指すのか?
もしくは数年働いた後日本か他国に行くのか?
これによって攻め方も変わって来るという
お話もさせて頂いています。
今回はその中でもニュージーランドを含む
海外を経て帰国後の就職についての
お話です。

海外渡航を決められない3大ブロック

昨年僕の運営する海外コミュニティの中で
アンケートを取ってみました。
その中のひとつ

「あなたの海外渡航をブロックするものは?」
複数回答可の中での回答を見ると・・・

・家族の反対:8.3%
・友人・恋人の反対:0
・金銭的に難しい:62.5%
・治安などの不安:8.3%
・渡航して一人でやっていけるか?:16.7%

・現地で仕事が見つかるか?:54.2%

・帰国後(再)就職ができるか?:28.8%

という結果になりました。

やっぱり仕事に関係する部分で
渡航を迷っている人が多いのが分かります。

だからこそ僕は今後は留学エージェントという
立場を離れてこの部分をサポートしようと
動いています。

現地の仕事のサポートについては
現在動画+メールのコンテンツを作って
おりますが今回は帰国後の事についてです。

僕自身にも相談が多いですが
ググってみても出てくるのが

「ワーホリ 帰国後」
「ワーホリ デメリット」
「ワーホリ 意味ない」

といったフレーズの数々(苦笑)・・・

いや・・・意味ない1年で終わらせないように
色々と動いてみようよ!!

行く前から何つぅー、フレーズ
で調べてんのよ!^^;

まぁ・・・ね・・・分からなくもないけど
でも今や海外経験(英語ではOverseas
Experienceを略してO.E.って言います)

今や企業はOEの若い人材を求めているんですよ!

留学帰国生の約9割「留学経験が就職活動に良い影響」と回答

そしてトビタテ!留学JAPANのデータに
よれば留学帰国生の約9割
留学経験が就職活動に良い影響

更に留学により留年・休学した学生のうち
「就活にマイナス」はたった5%と回答ともあります。

もちろんこの9割は渡航者の9割ではなく
トビタテに参加した人の答えだから
全ての人になんて当てはまりません。

実際目的もなく何しに来てんだ?
なんて思う人がいるのも事実^^;・・・

だけどそれもワーホリとも言える^^。
ワーホリなんて自由な仕組みなんだから

英語したい人はすればいいし
ボランティアしたい人はすればいいし
ちょっと日本に疲れたから休みに来たっていいし

そもそも日本にいた頃よりも人の目を
気にせず生きる道もあるんだと知ることも
大きいと思うので好きにすればいいでしょ?!

その中で見つかることもあるんだから・・・
こういうフレーズで調べている人は
もっと自由な発想で検討してもらいたいなぁ・・・
人がどう言うかじゃなくて
自分が何に興味があって何をしたいのか。

でもただ休んでいるだけでは
もったいないので・・・
NZの自然に少し心が癒されたら^^

帰国後の仕事も気になるところ・・・

もちろん現地でバリスタなどの短期の
キャリアアップコースに通うのも良いですね。

そして今や日本で
ワーホリ経験者の就職を積極的に
支援してくださるこんな方がいるんですよ!

ワーキング・ホリデーの優秀な若者に着眼

ワーホリ・カフェが描く観光立国日本の未来

この平渡さん経歴も物凄いですが
新しく進めているのが英語環境や
外国人対応をしてきた海外経験者を
積極的に支援して行こうという試み。

これなら海外で飲食で働いていた
多くの人にもチャンスが転がっています!!
こんな方が現れるなんて・・・
なんて頼もしいいんでしょう!!

僕のワーホリ帰国後にも
こんな方がいたらなー
僕は面接の度にワーホリの仕組みから
説明していましたよ(苦笑)

平渡さんは現在はカナダとオーストラリアの
飲食を中心に色々とされていてという投稿を
何度か
拝見して・・・
凄い!!と思って勢いでコンタクトして
「ニュージーランドという小島も
仲間に入れてやって下さい」と無理やり
懇願したところ
「是非」にとご快諾!!!

という事でニュージーランドのワーホリを終えて
日本に帰国する方の就職支援サポートを
一緒にさせて頂く事になりました。

数々の企業と繋がりの深い平渡さんだからこそ
のサポートです。

そしてこのサポートは無料です!!

もっと言えば僕も帰国前の
タックスリターンの手続きの
サポートも一緒に無料でさせて
頂きます。

是非こちらよりご登録下さい。

こんなサービスまであるんだから
帰国後の仕事なんて心配してないで

そんな「意味ない」フレーズでググってないで
飛び込んでみませんか?^^

不安な方はオンラインのご相談にも
乗っております。
(トップバナーをご参考下さい)

 

 失敗しないワーホリや留学の全てを知りたくありませんか? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

傾向を知るためのリサーチですので完全無料です!
まずはお気軽にお声をおかけ下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職案内人DUKE , 2018 All Rights Reserved.