Business Category (Japanese)468x60

ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

NZ移住&就職ガイドDUKE

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

ニュージーランドの小学校入学

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

今日は長男のelementary school(小学校)の
入学式(もどき)でした。

なんでもどきかと言いますとそもそもニュージーランドでは

日本のように4月に皆で集まって一斉に入学するのではなく

5歳の誕生日を迎えた後個々に

バラバラに入学する仕組みになっているのです。

桜舞う春の日差しの中で入学式という感じではないのです^^

それはそれで情緒あっていい感じがしますが・・・・

ただ今回ウチの長男も先週で5歳になった訳ですが

このタイミングで結構な人数が入るらしく

実際には18人くらい(今日は11人でしたが)一気に入るため

新しくクラスを作るという事になったらしいです。

そして実際にそのクラスがスタートするのはホリデー明けの10月半ばなのですが

今日はその新しいクラスのメンバー及び僕ら親の顔合わせのような形で

計らずも日本的な一気に皆集まっての入学式のような形になりました。

しかも桜咲く春の日差しでした^^

さてそんな訳で僕は学校を半休にして下の息子の世話をするという名目で
一緒に学校まで行きました。

まぁ家族4人で乗り込んだ訳です(苦笑)

何を親ばかな・・・・と思うかもしれませんが

11人生徒のうち僕を含め4人程お父さんも来ていました。

しかもほとんどが一度入学を経験していた家族だったので恐らく最初の子の時は
ほとんどの父親が参加しているのではないでしょうか?

そういう理由で仕事で半休取る事に全く誰も抵抗はありません。

僕も含め^^・・・・・

意気揚々と4人で乗り込んでまず最初に目に入ってきて驚いたのは

就学前の子どもたちの元気のあること。

写真を撮っている僕に「スパイ活動するなっ!!」と絡んできたり・・・

芝生の上でサッカーしていたり・・・

へー、こっちでも就業前に友だちとスポーツしたりするんだ・・・

・・・って何で皆裸足だよっ!!??

ははは・・・

そして・・・
わが子がスーパーマイペースでずんずん1人で進んでいくのは

知っていましたが見ていると見よう見マネで勝手にバックを人の教室に掛け

早速遊びにいきました。

そしていつも通りまるで長年の友だちだったかのように近くにいる
おねぃさんに話しかけます。

出たっ・・・・・(誰に似たんだよっ!!・苦笑)

「ぼくさぁ・・・今日から学校なんだよね・・・君は長いのここ?」

そうこうしている内に9時のベルがなりおのおのクラスに消えて行きました。

初日の僕らは別室に通されそこで校長先生と

オフィスの責任者からの学校の説明がありました。

そして親が子を含めた自己紹介をします。

11家族・・・パケハ(NZでは白人をこう呼びます)
の中に僕らアジア系が3人ほど・・・。

その後列を作ってクラスまで通され先生を紹介されました。

とても感じの良さそうな先生です。

両親と話す感じもやっぱりその辺の公園で会った時のKIWIのように

「先生」というよりも「友達」という感じでした。

そこで一旦親はクラスを離れ1時間後に戻って来て下さいという事になり

おのおのコーヒーを飲みに行ったり散り散りに・・・

学校の説明の中でまだ校長先生と直接話をした事がない人は

アポを取って面談をして下さいとのことだったので

早速取りに行ったら丁度待っている1時間の間時間があるから今から

やりましょうということになり早速面談?説明会に・・・

僕も一応NZの教育業界の端くれなので現在の流れや

この校長先生になってからkの学校が特にインターナショナルな

方向に学校を改革しているのはなんとなく聞いていましたが

話をしてみると実際にしょっちゅう日本にも説明会に出たり参加しているらしく

日本は馴染みが深いようでした。

韓国の市場が大分下がってきて日本が戻ってきたとも・・・

(これはこういう中高生以下に限ってで僕ら私立の学校は年々減少傾向にあります)

そして時間があったからなのか?!わざわざ僕ら1家族だけのために校舎を

案内してくれるということになり・・・

いいんですか?校長先生・・・忙しいでしょうに?!

こじんまりした学校ではなく600人からいる学校の校長先生です^^・・・・

考えられないですよね普通・・・・

有難くご案内を受けることにしました(笑)

長くなったので続きは明日・・・・

KiwiのKiwiたる所以がわかった様な校長ツアーが展開されるのでした^^

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2012 All Rights Reserved.