Business Category (Japanese)468x60

ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

NZ移住&就職ガイドDUKE

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

外国から見た日本と韓国3/日本人はまだ負けてない!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

ここのところ全盛期?!・・・(ほぼ毎日書いていた頃)くらいにこのブログを
ご覧頂いている方が増えてきてなんでだろ?と思って調べてみたら・・・

「外国からみた韓国」というフレーズがGoogleやYahoo検索でかなり上位に来ていて
3年も前に書いたその記事が読まれているようですね。

まぁ今は日本も韓国の報道もどこもかしこも例の島のことで持ちきりですからね。

そういう意味ではあの時点での僕の意見は非国民
と呼ばれてしまっても仕方がない書き方(汗)・・・。

「なんならそんな島いらないでしょ?!」って言っちゃているようなものですからね。

当時は中国、韓国がこれほどまでに強行にエリアを犯してまで
(まぁ彼らの中ではそうしているのは日本と思っているのかそうでないのかは謎ですが)
問題を大きくする訳ないのにマスコミが騒ぎすぎだよなぁ・・・

せっかく出来てきたお隣近所との関係を壊すようなことをして欲しくないと
思って現場の学生を見ながら書いたのですが。

でも一方で、今年の地震の後に領土問題に対してというか国外に対して
「短絡的に、なし崩し的に動いて欲しくない」とも書いていました。

僕の中ではこの3年前の記事を書いた事は覚えていたし
「これは以前とは逆の事を書いているな」という意識もあったのですが
あの頃よりも僕の中の捉え方も日本とその周りのアジアの関係も随分変わりました。

実際にお隣近所たちは最近強攻策に出てますしね・・・。

でも何よりも本心を書けば、「どうせ誰もこんな南の辺境に住む小さなブログの
そんな昔の記事をもう読むことはないだろうから
ま、いいか?」と思って記述もなくその時は書いたのでした・・・・が・・・・

また人様の目に触れる可能性が増えた以上
これはもう少し触れておいた方が良いかな・・・・自己保身のために(苦笑)

まず僕がここにいつも書くのは前から注意書きしてますけど政治的意見。
史実に基づく見解。とかの難しいお話ではありません。

そこに関してはこれも前から書いていますが僕は無知ですし、そのことで
誰かと議論したい気持ちも毛頭ございません。

僕がここで書きたいのはお隣韓国と日本の国民性も含めた
相違点とでもいいましょうか・・・。

特に僕がオーストラリアにいた13・4年前には考えられなかった彼らの大きな変化。

「追いつけ追い越せ」の精神はもしかしたら彼らの中では「もう追い越した」と
いう意識に変わってきてしまってるかもしれないとも感じ取れることもあります。

だけど一方で現場の学生を見てみると韓国人は男性も女性も親日家が多いし、
特に僕みたいな年配(苦笑)にはすごく礼儀正しいコが多いです。

全く蛇足ですが付け加えるならロマンチスト?やさしい男性が多く?!
日本人女性と韓国人男性のカップルは街中でも時には校内でも見ることがあります。
・・・・逆はなかなか見ませんが(苦笑)

実際に卒業後もお付き合いして現在も日本で一緒に暮らす日本人女性の元生徒と
韓国人男性の元生徒とも最近Facebookで話をします。

正直13・4年前は外国(当時のオーストラリア)で韓国人を見ることも稀でしたし
韓国人の女性はまず僕とは話もしてくれませんでしたね。一言も・・・・

それは国ではなく人間の問題では?!
という突っ込みはスルーして行きますよこの際(笑)。

その時代を経験しているからこそ個人レベルでこれだけの変化があること。
国をあげて若い人を外国に送り出そうとしている姿勢。

僕にとっては興味の尽きない国であることには違いないことは今回自分の記事を
探すためにブログ内検索した結果の「韓国」というフレーズの多さが物語っていました。

だけど・・・これはあくまでの僕や僕の狭い周りの感覚かもしれませんが
日本人は適応力、忍耐力、勤勉さ、礼儀正しさ(挨拶だけという意味ではなく行動)
においてまだまだ韓国を含む他の国の追随を許してないと思うし、接しやすい、
一緒に仕事をし易いと周りからも納得されることが多いです。

ただコミュニケーション能力においては正直「これは他国と比べてみても
ちょっと出遅れているかも?!」と感じることがあるのも事実です。

ここで言うコミュニケーションとは英語力だけを差すのではなく日本人同士でも
分からない時に人に尋ねながら何かを対処する力。
自分の考えや思いを相手に説明する力です。

たぶんそういうことをしなくても生活できるのが今の日本なのかもしれないですが
ここや他の外国では自分で発したり動かないと物事はそれはそれは
驚くほど進んでいかないのです(苦笑)・・・・。

そういう意味では昔よりも海外は近いけど、
若い人たちにとってより難しいと感じるところなのかもしれな い。
そんな風にも感じることはあります。・・・・・でも・・・だからこそです。

だから若い人に一度は国を離れて欲しいと思うのです。
(最近こればっかりだな・・・苦笑)

「こればっかり」つながりで書きますけどこれは島争奪に慌てる現状や
その他諸々のモヤモヤした国を捨てて飛び出せ!!と言っているのではなくて
「日本」という国の外に出ればどんな人たちがいて
どんな風に物事を考えているのだろう・・・
そして外から日本を日本人を、見たらどう見えるんだろう。

その感覚や経験があるだけでも将来、国外の相手に対した時に
大きく違うと思うからです。

まだまだ日本人には負けない要素が沢山あるぞ!!と
僕は現場にいても感じていますが・・・

僕は決して熱狂的な愛国者ではないですし、人にアドバイスが出来るほど
スゴイ経歴の持ち主でもありませんけど少なくても以前よりも
自分が日本人であることを意識すること。そして日本人を甘く見るなよ!!
と思う気持ちも年々強くなってきます。・・・

ただの歳かな?!

でも国外にいるからこそ日本の、日本人の良いところ、そうでもないところ(苦笑)
をここに書き殴ることはできます。(もちろん自分も含めてですよ。)

国の外にいるからこそ他と比べても「大丈夫、日本人はまだ負けてないんだぞ、
まだ間に合うぞ」とも言いたいんですよね。

相変わらずとっ散らかった文章・・・・。

韓国のことを書いていても結局は日本や日本人のことになってしまいます。
これは僕が日本人である限りきっと変わることがないのでしょうね・・・・。

僕は相変わらず今の日本の空気が分からないまま、KYのままで
ここから勝手に言葉を発しております。

・・・・・・ええと・・・・・なにとぞ・・・・なにとぞ・・・・・・

ご考慮下さいまぜ・・・・

どんだけビビリィーだよっ!!!

しかしこんな雰囲気中の今度のサッカー日韓戦・・・・。

どんな感じになるんですかねぇ・・・・

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2011 All Rights Reserved.