Business Category (Japanese)468x60

ニュージーランドで留学・ワーホリ・移住・起業を目指すあなたを応援します!

NZ移住&就職ガイドDUKE

今すぐ無料で「就職・移住マニュアル2020年度版」を手に入れる

改めて日本とNZの違いを感じました・・・。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

日本最後の晩餐。

最後は実家近くのお寿司でおやじ殿と2人です。^^

いやぁ・・・食べ物本当に美味しかったし

買い物もテンション上がりましたが・・・

やっぱり今はNZに帰りたい気持ちが

強くなっていますね・・・。^^

僕らにとっての生活はやはり向こうです。

毎回日本に戻る度にこの国はものすごい

スピードで色々な事が変化しているのを感じて

どこかで比較したりしてしまう自分がいるのですが

今回は特に日本「なぜ?」と思うことも結構あって

書いていたら長くなってしまいました。

通常オンライン上ではネガティブなコメントは

極力控えようと思っているのですが日本に住む方が

どう思っているのかも知りたい意味もありまして・・・。

今日の内容はニュージーランドとの比較も入れつつ
批判的な内容も含まれます。

気分を害されたらすいません。と先に
お詫びしておきます・・・。

今回の3週間あまりの滞在で特に
スッキリしなかった事を書いておきます。

1.コンビニにて・・・。

お酒を買おうとレジに行ったら
20歳以上です。の認証ボタンを押して下さいと言われました。

本人が押すでいいのですか??

それは押すでしょ?買いたいんですから(笑)

NZでは25歳以下に見える人はID提示が義務付けられていて
それがないと買えません。

(アジアンは若く見えるので僕は30前半まで
提示を要求されていました・・・さすがに最近は正に顔パスです・苦笑)

これって・・・どういう意味なんだろ・・・と
僕なりに考えた答えは・・・

「私たちはお客さんが自己申告で20歳以上と認めたのでお酒を
売ったのであって、もし年齢が嘘であっても私たちの責任じゃないですよ」

って事なのかな・・・と。

本当に若い子に飲酒させないのが目的なら当然NZスタイルの方が
防げますよね・・・これだとただの責任転嫁なのでは?・・・

他に違う意味があるんですかね・・・?!。

2.某ハンバーガー屋さんのサービスについて・・・

60秒以内に作って出しますと・・・・。

これにはもう閉口です(苦笑)

日本の仕事は時間との勝負という事は昔から
変わらず理解しているつもりですけど・・・。

僕は日常のストレスのほとんどって時間に関わる事だと思うのですが
そういう意味でかなり時間にアバウトなNZの生活ではそこに関する
ストレスはほとんど感じないですね。

(バスが遅くなることはしょっちゅうでもそれで遅れる事に
誰も目くじらを立てないし遅延証明書なんて発想すらないですね・苦笑)

話戻ってこのキャンペーン?・・・・

なぜ作るほうにもストレスを与えたり、待つ方にも時間を意識させるような
事をするのでしょうか?

自らがストレスを生みこみ、その罠にハマっている感じです。

しかも周りの人にこの事を聞くとハンバーガーの中身が
結構グチャグチャだったりだそうで・・・

それって本末転倒では?!

3.お客様は神様です?!

大阪から東京への岐路に着く際に(遅くまで飲ませて頂いたので^^)
高速夜行バスを使った際のこと・・・

もうすぐ東京に着くという時にドライバーさんからのアナウンス。

「本日は通常よりも渋滞が少なく予定よりも30分ほど早く
東京駅に到着いたします。お客様には大変ご迷惑をお掛けして
誠に申し訳ございません・・・・」

いやいやいや・・・・・(苦笑)

迷惑掛かってないですよ・・・。

でもこれを言うって事はこの事で
クレームがつく事もあったんだろうなぁ・・・・と。

NZではバスを降りる時、運転手さんではなく乗客が
「Thanks, driver!!」って言って降りていきます。

お金払ったんだから・・・客だから偉い。
そんな感覚はきっとないんだと思いますね。

・・・その分バスドライバーのプロ度は違うのでしょうけど。

「ドライバー、今のところ左に曲がるはずでしょ?」という客に

「ああ・・・ごめん俺この辺詳しくないんだ」という会話が

成立してしまう国ですからね(苦笑)・・・

そういえば今晩行ったお寿司屋では小学生くらいの子が

「すいません、あわび!!」と言うと中学生らしいお姉ちゃんが

「寿司屋なんだからすいませんは、いらないんだよ」と言うと

親がそのやりとりを聞いて笑っていました。

なんだかなぁ・・・・・・

・・・・いや、全ての人がそうだなんて
これっぽっちも思わないですけど・・・

お客様は神様です・・・がまだ通る国なんだなと・・・。

昔はその事を他国と比べてスゴイと思っていたけど

僕が変わったのか程度が変わったのか・・・・

やっぱりちょっと違和感です・・・。

4.まだまだ駅はやさしくない。

今回荷物を持ちながらの移動があったのですが結構大きな町でも
そこから1駅離れるとエスカレーターもエレベーターも無くて
(あってもかなり離れているとか見つかり辛いとか)

毎回「ここも無いのかよ?!」とブツブツ言いながら

結局荷物を持ち上げながら階段を上り下りする事が多かったです。(苦笑)

これってNZではあまり感じた事がないので
その辺は考えられているんだろう・・・・か?^^

他にも思うことはありますが・・・

美味しいマグロお寿司を食べていたら・・・。
(NZではほとんどないですからね^^)

まぁこれも含めて日本だな・・・・と^^

子供を遊ばせながら買い物出来る仕組みとか・・・

BOOKOFFでは今や服やブランド物も売り買いしてるとか・・・

電車内広告の変化で毎年の日本の変化が分かるとか・・・

毎回刺激の多い日本帰国ですが

今年も色々ありました。

宿題を沢山もらって来ましたので
いざ出陣でございます^^

あさっては真夏の国へ!!^^

 

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか知りたくないですか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

過去に沢山に方がご利用頂いてますのでまずは彼らの声を聞いてみて下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NZ移住&就職ガイドDUKE , 2013 All Rights Reserved.