経験だけで終わらない留学・ワーホリ・移住・起業を目指すNZ生活を応援します!

ワーホリ・留学・海外就職等 ONLINE 無料相談をする

13.初めての海外就活。そして、みんな居なくなった・・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

年が明け、オレは仕事を得る為に12月まで通ってた学校で
今もまだ通ってるような顔をしてPCで履歴書を作りスーツを着てチャイナタウンを歩き回っていた。

とにかく店に片っ端から入って”バイトさせてくれ”を繰り返していた。
「英語よりも中国語ができないとダメ」
どの店でもそう言われた。

ヘレン(ホームステイマザー)に仕事を探すならチャイナタウンと言われて回ってみたけど一向に前に進まなかった。
”まあね、そう簡単には行かないだろう…”

何の収穫もないまま町に戻ってみるとニコルたちがいた。
オレの髪型とスーツ姿を見て皆が「どうしたの?そのカッコウ」と聞いてきたが
彼女だけは「ヤクーザ、ヤクーザ」と言っておもしろがっていた。

やけに彼女の荷物が多いのでどうしたのかと思ったらその日シドニーへ移るということだった。
ビックリした。

ダイアンは何時の間にか知らない男とふおりん・らぶして
どこかに行ってしまったし、また友達が旅立とうとしていた。

そういえばダイアンはあんなにスイスに残してきた彼に会いたい会いたいと言ってたのに
あっという間に口の上手いイタリア人とできちゃってた。

”遠く離れてしまうってのは怖いことだねえ”と他人事みたいに感じてた・・・・
アヌークはそれを見ながら渋い顔をしていた。

彼女がスイスフレンチトリオで一番若かったのに一番シッカリ者だったように思う。

まあそんな下世話な話はさておきもう一つの別れが訪れた。
ジンがシドニーに行く日が来た。

あの日、オレが一緒に行けないと話して以来、オレと彼の関係は微妙に変わっていた。
やっぱり”裏切られた”という思いがあったのかもしれない。
距離が変わっていた。

だからオレは最後に皆が長距離バスが発車するトランジットセンターに
見送りに行く時も、なんだかオレ行っていいのかなという感じだった。
最後、皆が涙してる間も絶対泣けないと思っていた。(普段は涙腺が弱い。)

彼は珍しく真面目な顔をしてバスに乗り、そして消えて行った。
オレらは取り残された。なんだか妙に寂しかった…

そのバス亭を離れた。
オレは先頭に立ち、急ぎ足でそこから離れた。。アヌークが隣にいた。

気付くと「あいつはあほだった………。
でもいいやつだった。」というようなことを呟きながら泣いてた。

アヌークはびっくりしていた様だった。
でも涙が止まらなかった。
皆居なくなっていった・・・。

➡次:14.オーストラリアの年末年始は寂しい?!

 

 失敗しないワーホリや留学の全てを知りたくありませんか? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

傾向を知るためのリサーチですので完全無料です!
まずはお気軽にお声をおかけ下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です