経験だけで終わらない留学・ワーホリ・移住・起業を目指すNZ生活を応援します!

ワーホリ・留学・海外就職等 ONLINE 無料相談をする

!!ニュージーランドの留学事情をデータで見たら驚きの事実が?!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら
この記事を読んで欲しい人 ニュージーランドにおける留学の動向が知りたい人
記事を読んだ後分かること 語学留学プラスアルファを目指す今後のNZの留学についてが分かる

こんにちは。

ニュージーランドからDuke(@kogepanman)です。

ちょっと調べものをしていてニュージーランドの留学のデータを見ていたら数年前と比べて随分動きがある事に気がつきました。

特に日本は本当に安定したマーケットだというのも数字に出ているのですが他の国にも色々と変化がありますね・・・

また、少し前にオークランド市の教育課の人とお会いする機会がありました。

そこで彼らが日本の市場に対してどういうプロジェクトを組んでもっと日本人に来てもらうかというお話がとても興味深かったのでそちらも書かせて頂きます!

 

データで見える日本人にとってのニュージーランド留学とは?

 

語学学校

 

日本人にとっての留学とは長い間所謂「正規語学留学」が中心でした。

まぁつまり「英語」を学びに語学学校に入るというスタイルですね。

これは2019年現在も健在で一番新しい2017年までのデータによるとほぼ中国と同率一位になっています。

 

国/年 2013 2014 2015 2016 2017
中国 3,740 3,910 4,240 5,100 5,615
日本 5,140 4,830 5,020 5,975 5,600
韓国 2,670 2,645 2,540 2,790 2,935
ブラジル 1,105 1,335 1,735 2,060 2,320
フランス 1,390 1,440 1,470 1,560 1,170
インド 305 450 1,215 1,990 945
ドイツ 790 840 845 855 725

データソース:Education Counts

ただこちららは基本的に学生ビザで渡航されている方が中心でビザなしで3ヶ月未満の短期の留学についてはカウントされていないので正確には分からない(と以前Education NZの方が言ってました・・・おいおい^^;)

 

まぁビザなしで渡航できる国なんて限られているのでそれも含めたら日本がダントツでしょうね^^

 

小学校(親子留学)と高校留学

 

一方で日本人の高校生留学や親子留学も流行っているってよく聞きますよね?

これも同じくデータで見てみると・・・

(小学校・親子留学)

国/年 2013 2014 2015 2016 2017
中国 265 445 755 1,290 1,910
韓国 1,385 1,280 1,110 945 1,025
日本 215 220 190 185 185
ドイツ 25 20 25 35 35
インド 10 15 25 30 30
ブラジル 5 5 10 15 20
フランス 15 15 15 20 20

あれ・・・言っても親子留学はまだまだそんな沢山は来られていないんだな・・・と分かるし

 

(中学・高校)

国/年 2013 2014 2015 2016 2017
中国 3,740 4,280 5,225 5,940 6,570
日本 2,130 2,500 2,325 2,525 2,700
ドイツ 1,745 1,795 1,640 1,800 1,565
韓国 1,630 1,390 1,280 1,295 1,320
ブラジル 600 645 350 420 340
フランス 125 230 175 340 195
インド 45 45 55 80 75

 

中学・高校留学が年々増えているのは間違いないのも分かります。

 

大学

 

ただそれ以上に意外だったデータもあります。

(大学)

国/年 2013 2014 2015 2016 2017
中国 7,930 8,895 9,870 10,710 11,655
インド 925 910 1,050 1,275 1,570
日本 870 865 995 1,110 930
韓国 845 720 590 525 500
ドイツ 235 175 145 165 180
フランス 135 135 135 125 100
インド 35 170 210 80 50

 

おっ、英語学校や高校留学だけじゃなく大学へ進学している日本人も結構いるじゃないですか!!

韓国人よりも多いのか??・・・中国人は別格ですが^^;

その割にLinkdInとかで見るとニュージーランドの大学を出ている日本人になかなか出会わないのは何故だ??

 

まぁいきなりニュージーランドの大学にストレートで入学する人は少なそうなので上の中高生留学生の3分の1くらいはそのまま残ってニュージーランドの大学に進学しているという事か??

 

まぁさすがにその数字には無理がありそうですが、こっちの高校を卒業した学生は帰国子女枠を目指して日本の大学に行く人が多いと勝手に思っていたのですが^^;・・・・

 

これは僕にとっては意外な数字でした。

 

専門学校

 

後は最後に専門学校のデータです。

(専門学校)

国/年 2013 2014 2015 2016 2017
中国 9,535 10,075 11,505 13,510 13,365
インド 7,770 14,670 20,730 18,705 10,935
日本 6,335 6,100 6,150 7,005 6,650
韓国 4,120 4,165 4,070 4,335 4,345
ブラジル 1,620 1,780 2,305 2,720 3,030
フランス 1,615 1,600 1,620 1,670 1,275
ドイツ 880 935 920 940 785

 

データ上では政府から助成金を貰っている学校への入学数とそうでないのとに分かれていましたがこちらには関係しないので合計で出しました。

ここは8年データで見てもほとんど変わっていません^^・・・

ニュージーランドで専門学校に通う人は資格を取得してワークビザなり居住権(永住権)を取得する事を目指す人がほとんです。

 

ここ数年の厳しい移民局の政策に対しても移住を目指して渡航する人の数にほとんど変化がない事を意味しますね。

だからこそ僕らがやらなきゃいけない事は沢山あるんですが・・・。

 

他の国との比較で見るニュージーランド留学の動き

 

上で出した留学の動向の合計を見てみます。

 

国/年 2013 2014 2015 2016 2017
中国 24,810 27,655 31,660 36,245 38,560
インド 11,685 19,665 28,585 27,745 20,000
日本 10,265 10,480 10,390 11,485 11,210
韓国 8,470 7,885 7,415 7,495 7,695
ブラジル 2,290 2,705 2,960 3,335 3,570
ドイツ 2,985 3,100 2,885 3,100 2,690
フランス 1,960 2,055 2,020 2,210 1,650

 

日本の場合は小学校はまだまだ少数でしたが中高の数が年々増えていましたよね。

ドイツも同じように小学生は少なかったのですが中高が増えていました。

だけど高等学校の入学者は少ないので永住者は少ないですね。
(実際ドイツ人でこっちで永住してる人に出会ったことないし・・)

 

一方で気になったのは韓国ですね。

一時期は日本を抜いて留学国として3位の位置にいましたがどの分野でも渡航数は激減して8年前の半分ほどになっているところがほとんどです。

これにはもちろん韓国が不景気だという事も関係しているようですが外に出なくても韓国の国内でも英語教育に関しては進んでいるように感じました。

以前あの歌に出てくるGangnamエリアで迷ってたら結構普通に若い子が英語でAre you ok? May I help you?て言って来ましたよ^^

 

僕が語学学校のマーケティング担当をしていた頃は圧倒的に中国人が多い中国人経営の学校や、日本人と韓国人が80%以上の語学学校なんて競合も存在していました。

だけど今や韓国に変わってブラジルがその座を奪いそうな勢いですね。

 

各分野にどのような国からの生徒が多くてどういう所を目指しているか参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

因みに留学業界(エージェントや語学学校)で働きたい方はこういうデータを元に作戦を練ると雇用主からの反応が良いですよ!

僕はいつもこういうデータを元に提案書を送ってインタビューに臨みました。

留学関連の仕事についてはこちらもご参考下さい。

留学カウンセラーになるには資格がいる?そんな盲点が?!

 

今後の動向予想(ビジネス体験が出来る留学?!)

 

さて上までがデータを元にしたニュージーランド留学の実際でしたがここからは今後のニュージーランド留学についてです。

僕はオークランド市管轄のAuckland Tourism, Events and Economic Development (ATEED)という部署と定期的に日本の留学事情の意見交換やプログラムのサポートなどをする事があります。

そこで先週こんな会話がありました。

 

Duke
語学学校にはまだ安定して学生さん来るみたいだけど今やオンライン英会話やフィリピン留学もあるし、 ただ英語や自然のイメージだけでアピールするだけではもう厳しいですよね
Ateed
そうなんだよね。今後語学だけでなく高等教育にももっと目を向けてもらおうと今動いているんだよ
Duke
データで見たら結構こっちの大学出てる人もいますしね!
Ateed
そうなんだよ。そういう若い人が日本でも頑張っている姿を今AIR NZと一緒にプロモーション活動してるんだ、DukeもNZ留学経験者で誰か知らない?
Duke
いますよ、そりゃあ友だちの中にもいる。起業している人だっていますし
Ateed
おお、それはいいね。インタビューさせて!
Duke
それは良いんですが(勝手に決めるな^^;)・・・その起業ってキーポイントになりますよね!
Ateed
どういう事?
Duke
・・・さっき普通に語学学校だけではもう厳しいって話したと思いますが、ニュージーランドは起業のしやすさ世界一という部分を留学と一緒に打ち出したらもっとインパクトありますよね?
Ateed
なるほど・・・
Duke
うちのニュージーランドコミュニティでアンケート取ったら起業ってテーマは移住の次に興味のあるトピックになってましたよ
先生
本当に??
Duke
まぁある程度英語は出来るって前提ですが、ワーホリや留学の後に英語だけじゃなくビジネスの経験を積める仕組みが出来たらそれこそユニークだしフィリピンだろうがオージーやカナダよりもインパクトありますよ!
Ateed
キラーン
Duke
何すか?
Ateed
実はニュージーランド自体も若者の起業を応援するって流れが今あってこのAteedでもあるイベントを毎年開催してるんだ!しかもそれはちょうど2週間後なんだよ!
Duke
おお、なんて偶然^^
Ateed
起業アイデアを競わせて最終的に残った人には賞金が出るんだ
Duke
それは面白いですねー!
Ateed
学生がどんなアイデアで起業してるか分かるし色々と紹介するから是非来なよ・・・学生なら無料だけど大人はそこそこする・・・まぁゲスト扱いでチケット送っておくよ^^
Duke
あーざんす!・・・

 

留学生にも起業家を応援するニュージーランドのイベント

 

そんな会話が先週あったのですが・・・

このAteedが音頭を取ってこのような起業家を応援する仕組みはこれだけではありません。

それはこのオークランド市が管轄するコワーキングスペースも然りです。

ニュージーランドで起業を目指す方必見のイベント

 

以前こちらでもイベントのサポートを受けましたがこの起業家への支援はイベントだけでなく場所やネットワーキングもあります。

今回のテーマとは少し別になるので詳しくはまた書きますが留学+アルファの部分に起業やビジネス体験というものを今後取り込んで行く流れはあるかと思います。

*別記事にてまた書かせて頂きます。

 

という事で国内・インターナショナルの学生による起業イベントに興味のある方はこちらからどうぞ!

On futures in Tech

 

 

 

 失敗しないワーホリや留学の全てを知りたくありませんか? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

他では聞けないそんな超個人的な質問にお答えします。

傾向を知るためのリサーチですので完全無料です!
まずはお気軽にお声をおかけ下さい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで16年目。どうすればもっと日本人が外に出やすいかをいつも考えてぐるぐるしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニュージーランド移住&就職エージェントDUKE , 2019 All Rights Reserved.