グローバル&サバイバルなスキルを持つ日本人育成をFBグループを活用しながら応援

グロサバ&Facebook G マーケティング@DUKE

今すぐ無料で「フェイスブックグループマーケティング」「NZ就職・移住マニュアル」を手に入れる

フェイスブックグループのブランディングは最初の設定が重要!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで19年目。海外のマーケッターから学びながらフェイスブックグループ使ったオンラインコミュニティ運営にタ情熱を燃やしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

この記事を読んで欲しい人 オンラインコミュニティ構築に興味がある人。運営を改善したい人
記事を読んだ後分かること Facebookを使ったコミュニティ運営が基礎から分かるコース⓺

こんにちは。

ニュージーランドからDuke(@kogepanman)です。

留学・ワーホリ・移住・海外就職そしてfacebookグループを使ったマーケティングに関する事を呟いています(毎日数人増えて地味に好評^^)是非フォローお願いします!

 

Facebook Community Manager Online Coursesを実際に翻訳+補足の記事をUPしていきます。

では早速・・・

 

第二章:コミュニティ戦略とプロセスの策定③

*今回はレッスン内容は基礎の考え方なので詳細は電子書籍(最下部)もご参考下さい。

**記事に出て来る「あなた」はコミュニティ管理をする(している)あなたを指しています。

 

このレッスンで学べる事
 ・プラットフォーム(コミュニティ)内で一貫して提供して行くコンテンツを通してブランディング戦略を考えます。

はじめに

 

コミュニティマネージャーにとって重要なのは、あなたのメンバーを定義し、理解した上で、コミュニティでどんな事が体験できるかを決めていく事です。

コミュニティ・マネージャーとして、あなたはコミュニティのブランド、ミッション、メンバーの声を代表しています。

コミュニティのブランドとは、メンバーがその特定のコミュニティの一員としてどのように感じているか、また、あなたのコミュニティが他の人にどのように受け止められているかを区別し、定義するためのコミュニティのの特徴と言えます。

コミュニティのブランド属性には、名前やロゴ、グラフィックの色やスタイル、コンテンツを投稿したりメンバーに見てもらいやすいような言い回しなどがあります。

プラットフォーム全体のコミュニティ戦略と一貫したブランドを維持することで、コミュニティは活性化して行くことができます。

 

あなたのコミュニティのブランドを定義する要素は何ですか?

あなたのコミュニティのブランドを定義する主な要素は3つあります。

 

 

1.あなたの本質と核となる価値観

 

これらはコミュニティ戦略の一部であり、コミュニティのミッションに沿ったものでなければなりません。例えば、コミュニティを人の意見を尊重した会話の場にしたいのであれば、ブランドのコアバリューの中に「尊重」を含めるべきであり、すべてのメッセージングやコンテンツはその原則に沿ったものでなければなりません。

 

2.発言のスタイル

これは、あなたのブランドの個性を示すものです。
メンバーに正しい文体を望むのか?もしくは口語でメッセージを送るのか?

あなたのコミュニティは面白い話をする場所なのか、それとも真面目な話をする環境なのか?

 

3.ビジュアル(見せ方)

 

ロゴ、イメージ、タイポグラフィー、カラー、クリエイティブデザインなどの要素を取り入れ、ブランドがどのように見えるか、どのように感じるかを定義します

 

コミュニティのブランディング戦略はどうすればいいのでしょうか?

 

ブランドの核となる要素を定義したら、以下の戦略を用いて、コミュニティにおけるブランドの一貫性を確保しましょう。

 

他の人も探しやすいようにコミュニティを簡単に識別できるようにする

 

識別可能な名前を選び、あなたのコミュニティを明確に表すプロフィールやカバー写真を使用しましょう。

例では、ページには明確な名前、プロフィール、カバー写真があります。グループでは、アクセスしやすいようにカスタムURLを作成し、ページではカスタムURLにユーザー名を設定します。

【補足】初期設定ではグループのURLは数字の羅列ですが設定から変更可能です

 

ブランドガイドラインを定義し、文書化する

 

ロゴ、色、レイアウト、スタイル、どんな言葉のトーン(正しい言語?口語?)を使うかなど、ブランドのルールを書き留めておきましょう。

あなたのコミュニティを特別なものにしているものはすべて注釈をつけ、それらの機能をどのように使うかを明記しましょう。

Facebookのブランドガイドラインをチェックして、例を確認してみましょう。

 

複数のプラットフォームの場合ブランドガイドラインに一貫性を持たせる

 

あなたのコミュニティが複数のプラットフォームでオンラインプレゼンスを持っている場合、すべてのプラットフォームであなたのブランドガイドラインに従っていることを確認してください。例えば、FacebookページとInstagramアカウントを使用している場合、ロゴは両方で同じであること等を確認してください。

 

コンテンツにおけるブランドの一貫性を確保

 

コンテンツ全体を通して、ブランドの核となる要素を維持しましょう。
例えば、白黒写真専門のInstagramアカウントを作った場合、カラー写真はガイドラインに反してしまうので投稿しないようにしましょう。

Instagramアカウントは一貫したタイプの写真を投稿しています。また、フレンドリーな方法でメンバーとエンゲージする場合は、すべてのやり取りの中でもそのトーンを一貫したものにしましょう。

あなたのブランディング戦略は固定されているものではありません。
あなたのブランドがメンバーにどのように認識されたいかを反映させるために、常に更新することができます。

ですがメンバーが混乱しないようにあまりに頻繁に変更しないようにしてください。

 

 

具体的な補足

 

今回のレッスン内容もなんか芯を食わないというか実際にやらなければいけない具体的な事は掴みづらいですよね?(苦笑)

ですので実際のコミュニティマーケティングの試験のページではなかったのですがもう少し具体的に触れているページも紹介します。

一部重複しますがご参考下さい。

 

(ソースFacebook提供内)Branding your community

あなたのコミュニティブランディングを助ける5つのステップ

 

コミュニティのミッションを定義する
これはレッスンでも書かれていました。要はこのグループは誰のためのどんなグループでここに参加するとどんな事が出来るなど明記されていると良いとあります。
会話のトーンを決める
これも同じく書かれていました。丁寧な言葉を使った真面目なコミュニティなのか。冗談を言い合えるようなカジュアルなコミュニティなのか。意見をぶつけ合えるような議論もOKなグループなのか?これらを決めると良いとあります。
ニックネームを使う
グループ間同志で使えるようなニックネームや頭文字を取った表記などもグループを意識してもらうのに役立つそうです
視覚に訴えかけるブランド戦略
これもありました。カバー写真やロゴはやはり目立つし一貫性という意味で効果が期待できるとの事
支持者を見つける
コミュニティの中には積極的に支持してくれる人が現れる時もあります。そういった方はコミュニティの代弁者とも言えるので貴重な存在です。メンバーに(オンライン)バッジを渡すのも面白そうですね。

 

事前準備については下の電子書籍の中で詳しく書かせて頂きました。

 

➡次のコース:

過去初月で2千人規模のフェイスブックグループを作った方法とは?!

 

今後オンライン無料コースの内容をカバーする内容を翻訳+僕の今まで経験してきフェイスブック運営の内容も少し補足します。

現在アマゾンで販売中の電子書籍を読んでからご覧頂ける方が理解が深まると思います。
(980円ですがアマゾンリミテッドのトライアルを使えば実質無料で読めます)
グループの設定などは書籍もご参考下さい

 

最新のUP情報はFacebookページグループの方でUPして行きますので是非ご確認してみて下さい。

海外の起業家や企業がマーケティングやマネタイジングに活用しているフェイスブックグループを活用する方法を知りたいくないですか?

・海外のマーケッターが活用する理由とは?
・グループを使ったマネタイズの方法
・雪ダルマ式にリストを増やす方法
・グループが活性で広告費用が要らない?
・あなたの人生を変える活用法とは?

 海外で留学・就職・移住・起業・ワーホリをする前に絶対に知っておくべき事とは? 

・自分の希望に合う語学学校の選び方は?
・渡航準備で本当に準備しなければいけない物とは?
・就職や移住に繋げるためにどんな方法や準備があるか?
・賢く節約。予算はどのくらいで考えれば良いの?
・渡航後どうやって現地の仕事を見つければ良いの?
・帰国後の(再)就職で成功するには?

そんな事をアマゾンで販売中です。

 

ですがこんな方法を使えば無料でこれらの書籍が手に入ります。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
24歳の時に1年オーストラリアでワーホリを経験。ワーホリから帰国後5年弱外資系で働くも今度は海外で働く事を目指して30歳を目前にニュージーランドでギリホリを経験。そして思いの外ハマってしまいこの地に住んで19年目。海外のマーケッターから学びながらフェイスブックグループ使ったオンラインコミュニティ運営にタ情熱を燃やしています^^
詳しいプロフィールはこちら

 

語学習得だけじゃないキャリアに繋がる留学やワーホリを目指しませんか?

【2度目の海外経験を 成功させる10のステップ講座】

留学、海外就職、移住など長期の滞在は計画や準備がとても重要です。

そこで日本に居ながらそんな海外生活の基礎知識や準備を進めて行けるメール+動画の無料講座を作りました。

あなたの海外でやりたい事を叶えるためのヒントが沢山詰まった講座にしたつもりです!

いますぐ始められますので是非こちらからご登録下さい。

 

Copyright© グロサバ&Facebook G マーケティング@DUKE , 2021 All Rights Reserved.